Site Overlay

そこはもはや

雪がふったと思いファットバイクの出番かと目玉をランランさせていたら

とけました。

 

以前ステムのボルトが錆ていた車体のヘッドをバラしてみると、案の定、ヘッドもさびておりました。

 

もはや復活は望めないほどに。

こうなるとベアリングを交換するしかありません。
しかし、ベアリングの交換だけですんでよかったです。

これがクロモリフレームやフォークだったら、ベアリングだけじゃ済まない可能性もありますので。

みなさん気をつけましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA