Site Overlay

Surly/KRAMPUS (MY20)

2012年に50㎜幅のリムと29×3“のタイヤを履いた初代Krampus(クランパス)が、新しくなりました。

 

今でこそどこのメーカーも普通にラインアップする【プラスバイク】とか【セミファット】と呼ばれるプラットフォームを採用した世界初クランパス。

ファットバイクでもなく、従来のマウンテンバイクを越えた、未知のスピードとコーナリング性能を具現化するための新しいコンセプトバイクです。

 

オリジナルのKrampusは、高いトラクションで刻々と変化するトレイルの路面をしっかりとつかみ、しかも29erよりもデカい外径で、見事なまでのスピードライドを提供しました。
そして、オリジナルの販売から5年後に、このクラスの「標準」が進化したためKrampusも次なるステージにステップアップしました。
そして、2020モデルとして、ニューカラーに加えて、1×12 Speedの変速システムを採用した新モデルが登場しました。

 

Krampusは、Gnot-Boostリアスペーシングを採用。リアハブは10 x 135mm QR、12 x 142、あるいは12 x 148 Boost™の3種類が使えます。シートステイ、ホイールベースを短くすることで、ハンドリングはキレキレ。シャープに気持ちよくトレイルを走れるように仕上げています。これに加えて、ドロッパーポストにも対応しています。

Krampusは、他のSurlyオフロードフレームと同じ4130CroMoly “’Natch”スチールチューブで作られています。メインフレームのチューブは、チューブの端に向け、トランペットの先端のように広がっています。
この新しいフレーム形状の効果で、これまでのフレームにあった補強のチューブを使わずに十分な剛性を確保しました。3インチ幅のタイヤが履けるメリットは、2インチ幅のマウンテンバイクと比較して、弾力性があがり、乗り心地とトラクションが各段にアップすることです。さらにSurlyですから、丈夫で長持ちという点も抑えています。

トレイルに待つ様々な障害物をクリアしたり、ジャンプをしたり、思いのままのコーナリングを楽しめる極上の自転車を探しているのなら、Krampusこそが強力な相棒となるでしょう。

 

バイクパッキングでも、トレイルランディングでも力を発揮してくれるのがこのクランパス。

とても楽しい一台です。

 

Surly/KRAMPUS (MY20)

SPEC
Frame Surly 4130 Chromoly Steel
Fork Surly 4130 Chromoly Steel
Seatpost Clamp Surly stainless, 33.1mm
Headset Cane Creek 15
Brakes Tektro HD-M275
Brake Levers Tektro HD-M275
Rotors Tektro 180/160mm
Shifters SRAM SX Eagle
Grips Velo
Stem ProMax, 31.8mm
Handlebar Salsa Rustler w/o Logo
Saddle WTB Volt
Seatpost Promax 30.9
Crankset SRAM SX Eagle 30t
Bottom Bracket SRAM Power Spline
Front Derailleur N/A
Rear Derailleur SRAM SX Eagle
Cog or cogset SRAM PG1210 Eagle 11-50t
Chain SRAM SX Eagle
Front Hub Novatec, 32h, Thru-Axle
Rear Hub Novatec, 32h, Thru-Axle
Rims WTB i40 TCS
Tires Surly Dirt Wizard 29 x 3”, 60 tpi Tubeless Ready

 

価格:229800円

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA