それだけの価値と恩恵はありますが とにかくカーボン製は高いです

 

Zipp – SL145ステムなど見た目も重量もイカしてますが いかんせん高いです

でもカッコいいですね

 

カーボンでちょっと手の届きやすく さらに物はそこそこ良い物を作っているのがTNI

 

だいたいのアルミハンドルなどは 300gといったところ

 

こちらTNIのSLバーは 145gと約半分の軽さ

シャローバーなんかも軽いです

 

しっかりアウターがおさまるようになったので バーを握ったときの違和感もないです

20000円そこそこなので カーボンハンドルにしては手の出しやすい価格です

上をみたらキリがないですが Ax-Lightnessとか60000円くらいします

 

フレームもカーボンにしたからボトルケージもカーボンに

ってなりますが ボトルケージにどれだけ金だせるんだってことにもなりますね

 

しかしわずか10グラムは軽すぎです

3000円台なのでまだこれも手の届く範囲かと

軽すぎて細すぎて不安って方もおられると思いますが カーボンなんで逆にこの細さと軽さが実現できるのです

そして強度も問題ないです

 

その軽さは店頭です

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です