岡山からおこしのお客様より クロモリフレームのタッピングとフェイシングの依頼をうけました

 

まずはタッピング

結構あることですが 塗装がBBの内側にまで入っていたり

ネジ切りの精度自体が悪かったりします

こうなるとBBがすんなり入らないというのは言わずと知れたこと

そこでタッピングをするとグリスを塗らなくてもすんなりBBが入ります

もちろん実際にBBを装着するときはグリスをつけますが

 

タッピングでねじ山を綺麗にしたあとは表面も綺麗にフェイシング

フェイシングをすることでしっかり奥までBBが入り フレームとBBとの密着度も増します

 

BBだけでなく圧入するヘッド部分もフェイシングをし ヘッドパーツがしっかり綺麗に入るようにしました

あまりされない方が多いですが クロモリフレームを組む時は必ずやったほうがいいです

仮にパーツをバラすときもこれをしておけば綺麗に簡単に外すことができますよ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です