カーボンホイールは全てではないですが、アルミホイールに比べて横幅が広くなっていることが多いです。

カーボンホイールとアルミホイールを練習やレース本番などで分けて使われるライダーにとって、この幅問題は結構めんどうだったりします。ようはブレーキシューの当たりがホイールを変えることによって広くなったり狭くなったりしてしまい、ブレーキレバーの遊び変わってしまうからです。

そうした場合に役立つブレーキシューが

 

 

ASHIMA(アシマ)のブレーキシューです。

オレンジがASHIMA、ブラックのシューがアルテグラの純正です。

比べると一目瞭然でASHIMAのほうが1mmほど薄く、幅は広いです。

このブレーキシューはアルミリムでもカーボンリムでも両方使えるので、ブレーキシューをわざわざ交換する必要もありません。

実際、アルミとカーボン両方のリムで試しましたが、アルミリムのようにカーボンリムでしっかりブレーキがかかりました。

正直SHIMANO純正のシューより良く効きます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です