日本一周を終え、今度は気軽に乗れるようにというカスタム依頼を受けまして

 

ドロップハンドルのエンドシフターから

 

昔なつかしなフレームのダウンチューブにつけるダブルシフトレバーに

 

ハンドルはNITTO(日東)のRB-018ブルホーンバーにし、ブレーキをバーエンドにつけることにより、ハンドル回りをスッキリさせました。

 

バーテープもホワイトのステッチ入りのレザー系でレトロ感がアップ

よくお似合いでございます

ドロップからブルホーンなので、ポジションもあまり変わることがなく、違和感なく乗れつつご希望通りのお気軽仕様に仕上がりました。

 

一緒にオーバーホールもしましたが、日本一周したチャリとは思えないほど綺麗な状態でした。

まだまだ現役でバリバリ走れるチャリです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です