ciclovation(シクロベーション)という新しいブランドのバーテープが入荷しました。
別にシクロクロスが関係しているわけではなく

Ciclo(イタリア語でサイクリング)とInnovationを組み合わせてネーミングされた新しいブランドです。
バーテープはビジュアル・質感・機能性において従来にはないハイエンドクラスのバーテープです。

 

下ハン部分だけにカラーが入っていて、グラデーションしていくという変わったデザインのバーテープです。

 

んで、試しにつけてみました。
グラデーションしていくデザインなので結構シビアに巻いていかないといけないのかと思ったのですが、以外にすんなり巻けました。

質感はしっかりグリップしてくれる感じがあり、素手でもグリップ力があります。
ただ、すこし厚手ではあるので、薄いバーテープが好きな人には向いてないかも。

 

ついでにNITTOのB135SSBのハンドルも試してみました。
このハンドルは写真のように通常のハンドルとは異なり、下ハンが広がっており、さらに手元はアップスイープしているという異端児です。

 

実際につけてみるとシクロ系やグラベルロードにはもってこいな感じにおさまり、疲れにくくゆったりとした乗り心地になりました。

 

ついでにFAR&NEARのバーエンドにつけるLEDバックライトとパナレーサーのグラベルキングの700×38cを装着。
乗り心地はもちろんもっさりですが、段差も何も気にしなくていいので気が楽です。

 

へぶっし!

 

ってな感じで、うちの従業員くらい気軽に乗れる車体になりました。

 

一番最初の状態からずいぶん変わりましたが、ようやく納得のいく感じに仕上がりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です