とうとうついに当店にも長きオーダーより入荷をしたFACTOR(ファクター)がやってきました。

2007年にレーシングカー、航空宇宙産業に関わるイギリスのエンジニアリング会社「bf1systems」から誕生したFACTORは、2016にはプロコンチネンタルチーム「One Pro Cycling Team」がFactorを使用し好成績をおさめ、さらに2017年よりフランスのUCIプロチーム「AG2R La Mondiale」が採用するなど注目を集めているブランドです。

現在のオーナーはTDFグリーンジャージの獲得経験を持つ「Baden Cooke」、テストパイロットには「David Millar」と良質なバイクを開発する面では申し分ない組みあわせ。

 

DAVID MILLAR(デビッド・ミラー)がカラーデザインしたO2フレーム。
デビッド・ミラーは、イギリスの元オリンピック選手であり、UCIプロチームに所属し、18年間、プロサイクリストとして活躍。
ランツールでは数々の優勝を飾っています。

現在はFACTORバイクのテストパイロットとして、バイク設計にかかわる貴重なフィードバックを提供しています。

今回はお客様のご要望もあり、メーカー公表740gの軽量フレームの名作O2(オーツー)。

 

ファクターは一応完成車を一台だけだしていますが、O2(オーツー) ロマンバルデ2018限定のシルバーカラーのみ。
しかもその価格は200万円。

それだけぶっ飛んだブランドのフレームセットについてくるパーツがまたエグイです。

 

23~27mmのタイヤ幅で空力システムが発揮できるようなフォルムを探求するブランドblack inc(ブラックインク)のステム一体型のハンドルバー。

ステム長、ハンドル幅は選べ、もちろんフルカーボン。

さらにBBとヘッドセットにはCERAMIC SPEED(セラミックスピード)という高級ベアリングに、シートポスト :のオフセットも0mm / 25mmがチョイスできます。

フレームもリムブレーキかディスクかを選択でき、これだけついて545000円は他のハイエンドカーボンフレームと比べても安いんじゃないかと思います。

まだパーツがそろっていないので完成系はお見せできませんが、そのうちアップしたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です