若かれし頃は元旦からでも半袖でチャリに乗っていたものですが、もうヒートテックを上下に着用し、ダウンを着て顔面も目だけ出ている状態にしないとこの時期のチャリがきつくなってきました。

久方ぶりにカスタム車を仕上げてみました。
元は26インチのマングースのMTB。

普通のフラットバーからNITTOとFAIRWEATHERとの共同開発によって生まれたb903 bullmoose barに変え、グリップはODI、ヘッドキャップはSALSAに。
ヘッドスペーサーも合わせてアルマイトグリーンに。

タイヤはPANARACERの名作シクロクロスタイヤ”CG CX”をベースにトレッド部をブラック、サイドを飴色に仕上げられたFAIRWEATHERのfor CX tire by CG (black/skin)を装着。

最近は27.5や29インチのタイヤが多くなり26インチがかなり減ってしまいましたが、ニーズが減っても作り続けてくれているメーカーさんに感謝です。

その他にもサドルはWTBのカモフラバージョン、ペダルは食いつきの良いVPペダル、クイックやシートクランプもSALSAのグリーン統一しました。

ブロックタイヤなのに不思議と舗装道路でもゴツゴツした感じがなく走りやすく、26インチというサイズ感がまたいいです。

車体自体は中古になるのでスペシャルプライスでご提供できる一台になってます。
気になる方は試乗もOKですよ。

お客様からまさかのうちの従業員マーブルにお年玉をいただきました。
彼女の喜び方が尋常ではなかったのは言うまでもありません。

わざわざありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です