イギリスばっかり

この時期ですがアイスが食べたくなり奥さんに
「スプーンをとって」
とお願いすると、なぜかレンジを開けてました。

寒くなると体だけでなく脳まで動きにくくなるんですね。

従業員もつぶらな瞳で憧れてしまうFACTOR BIKESのDAVID MILLAR(デビッド・ミラー)がカラーデザインしたO2(オーツー)がようやく完成しました。

 

 

デビッド・ミラーは、イギリスの元オリンピック選手であり、UCIプロチームに所属し、18年間、プロサイクリストとして活躍し、グランツールでは数々の優勝を飾っています。

現在はFACTORバイクのテストパイロットとして、バイク設計にかかわる貴重なフィードバックを提供しているデビッドモデルがこのCHAPTER3。

 

 

CERAMIC SPEED(セラミックスピード)のBBが純正でついています。
よくこの手のBBは音鳴りがするので嫌われますが、当店では秘密の対策をしながら圧入をしていくので、音鳴りはしないです。

 

 

アウターうけは工具いらずで簡単に取り外せれるようになっており、作業がめちゃくちゃ簡単でした。

ファクターはロードバイクではあまりないイギリスブランドですが、作りや塗装が非常に丁寧で、痒いところに手が届くジャパンブランドのような細かさがありました。

 

 

ディレーラーを正確に取り付けるための工具。
これを使えばシフトもサクサク入ります。

これもほぼ誤差がなかったので、やはり良い作りをしてます。

 

 

■ 付属品(フレームセット)
・AERO SVELTEフォーク
・ヘッドセット
・ステム一体型ハンドルバーステム
・blackincシートポスト(φ27.2)
・セラミックスピードBB
・専用GARMIN用コンピュータマウント
・FACTORバーテープ

■ 選択
・ブレーキ : リムブレーキ / ディスクブレーキ
・一体型ハンドルバーステム :
 ハンドルバー 380/400/420/440
 ステム 90/100/110/120/130mm
・シートポスト : オフセット 0mm / 25mm
・BB Right シマノクランク用シム / スラムGXPクランク用シム

純正でこれだけの装備&選択ができ、さらに今回はfi’zi:k Arione R1 carbonのカーボンサドルまでついてきました。

 

 

FACTORのバーテープはグリップ力がよく、さらにすごく耐久性がありました。
さらにBLACK INC(ブラックインク)のステム一体型ハンドルバーはフルカーボンでめちゃくちゃ軽いです。

 

 

シートポストもブラックインクが使われており、ボルトはなんとトップチューブの裏側にあります。

 

 

お客様のご依頼で、クランクはSRAM、タイヤはVittoriaのCORSAのサイドスキン、コンポはSHIMANOのULTEGRA R8000系で仕上げました。

 

 

このコンポやパーツの組み合わせでも総重量7キロを切る6.955キロ。


実際に乗ってみると軽いのに平地もよく進み、当然登りはグングンいけます。
フォークもエアロ形状になっていたり、細かいところまでこだわっているのがよくわかるフレームです。

これはかなり良いフレームですよ。

嫁に出すのが非常にさみしいです。

コメントを残す

あなたのメールアドレスは公開されません。

名前 *
メール *
Web サイト