BMXでもパークなどで飛んだり回転したりトリックをしたりするストリートモデルや、完全に待ち乗り用のBMXなどもあります。
待ち乗り用のBMXでトリックをすると強度的にもたないので壊れてしまいますが、当然ブラブラ走るのには問題ありません。

しかし、トリック用のBMXで待ち乗りというと、もともと待ち乗りを前提として作られていないため取り付けられないパーツなどがあったりします。

今回は「そこをなんとか!」というご依頼。

従業員も心配そうにしていますが、そこは何でもやるLBA。

フロントにはバスケットを取り付け、サイドのキックスタンドだと安定しないので、センタースタンドの足は二本だしのものを装着。
これで荷物を積んでグラグラしてもママチャリのようにしっかり安定して車体を置いておくことができます。

 

不安そうな従業員でしたが、完成してみれば満足そうな表情。

 

か、どうかはちょっと分んないですが、お客さんは大満足でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です