古き良き時代

同じチェーン店なのに店によって味が変わるのは何故でしょう。
流行りの厨房で悪ふざけをした動画をアップする人々が味を変えてしまっているのかとふと思いました。

 

またオーバーホールネタです。

今回は懐かしのアルテグラ6700のメンテ。
10s時代のアルテです。

チェーンが落ちてしまったのか、いきなりハンガーとフレームにキズがいってたので、チェックしてみることに。

 

案の定ズレていたので修正してあげるとサクサクとギヤがかわるようになりました。

 

お次はBBとヘッドセット。

なかなかの汚れでしたがベアリングは無事でした。

しかし、昔のヘッドセットはパーツがたくさん。
そう思うと今のインテグラルヘッドなどは画期的です。

 

ワイヤーのアウターうけが割れていたり、ブレーキシューもすり減り、小石などが噛んでいたので、アウターうけはプラではなくアルミに。
ブレーキシューはMAVICにし、シフトワイヤーの取り回しも内側にしました。

 

フロントのシフトワイヤーはフレームに通すタイプだったのですが、ライナーもなくワイヤーがむき出しだったので、ライナーを通し、水などがフレームに入りにくくするためにJAGWIREのダートガードもつけました。

 

バーテープも使い込まれていたので、新しく交換し、カラーがホワイトだったので作業中に汚れないようにカバーしてます。

 

これで元気にまた走れるようになりました。
手がかかる子ほどかわいい物です。

コメントを残す

あなたのメールアドレスは公開されません。

名前 *
メール *
Web サイト