そこはかな

なんでしょう?
結局雪が降らなくてよかったなと思えば、寒かったりめっちゃ暖かかったり、雨だったり。

そんな寒空の下、若者たちが何やらワイワイ騒ぎなら動画を撮っておったのですが、夜も遅いので「うるさい」と注意を受けてました。
しかし若者たちの返した言葉は

「僕らユーチューバーなんで」

怒っていた人も横目で見ていたわたしも一瞬止まりましたね。
そんな職業はないし、ユーチューバーだから夜騒いでもOKなんてことも無いですしね。

ちょっとビックリしたもんで。

それではちゃんとしたブログを

 

フェンダー(泥除け)のようだけど短いような。。。

 

実はクイックレバーの反対側に簡単に取り付けられるフェンダーなんです。
同梱されている付属のアダプターをつければフロントにも装着が可能。
フォークエンドにしっかり引っかかるようにできているので、一度位置が決まれば外してもまた同じ位置に装着できます。

 

リアはディレーラーハンガーにハマるパーツがあり、ここで位置が決まれば走行中にズレることもありません。
さらに接続部は半ボール型になっているので、ミリ単位で微調整が可能なので、縦横をタイヤギリギリまで合わせることができます。

 

フロント、リアとも装着してみましたが、言われるまで気付かなかったというお客さんがほとんどというくらい馴染んでいました。
クロモリやランドナー、グラベル系のロードバイクであればフェンダーも似合いますが、アルミやカーボンロードだと見た目が。。。
というライダーの方にオススメです。

実際雨を巻き上げる部分は一部なので、フルフェンダーでなくても水しぶきはしっかりカバーしてくれます。

重量が気になる方はカーボンバージョンもあります。

 

 

コメントを残す

あなたのメールアドレスは公開されません。

名前 *
メール *
Web サイト