2019 T19 x HOW I ROLL MINIUM

日本が世界に誇る自転車文化”競輪”で使用されている自転車に近い設計の中にビーチクルーザーのディテールを落とし込み、幅広のタイヤとCR-MO素材のフレーム/フォークによって、クイックかつ快適な乗り心地を実現させたのは、東京のSKATE COMPANY T19とHOW I ROLL。

 

前作のドロップハンドル仕様から、フラットバーに変更されたことでより多くの方楽しめる一台に仕上がってます。

 

サドル、シートポスト、クランクなどオリジナルパーツで構成され、タイヤも700×35cと太めで、段差も気にすることなく乗れます。

フリーハブと固定ギアの両方がついているので、気軽に街乗りしたり、しっかり固定ギアで踏むこともできます。

 

溶接部の焼き付けが若干みえるところがまたにくいです。
今回はTRANS BLUEカラーが加わり、より様々なシーンに合う一台になりました。

多分ですが今回限りでこのコラボは無くなると思います。

コメントを残す

あなたのメールアドレスは公開されません。

名前 *
メール *
Web サイト