進化

シマノがグラベル向けの初のコンポSHIMANO GRXを出して早2ヶ月。
Di2もメカニカル式もあり、変速も2×11速、1×11速、2×10速に対応しているので、選び放題。
さらにティアグラにまで油圧ブレーキバージョンまで作りました。

最近ほんとに増えてきたグラベルロード。
他社は12速化を作っている中、シマノはまさかの下位グレードに力を入れるという方向に。

個人的にはとても楽しいグラベルロードなので、専用コンポが出るのは嬉しい限りです。
SRAMも捨てがたいですが、GRXのおかげでグラベルロードブームはまだまだ続きそうです。

 

ステムも進化しています。
こちらはファクターでお馴染のブラックインクのカーボンステム。
ボルトを逆から締めるのでより空気抵抗を減らせる設計になってます。

 

空気抵抗と言えばステム一体型には勝てませんが、昔ならこの形のハンドルはとてもじゃないけど高くて買えませんでしたが、最近は目ん玉とびでるほど高くはなくなりました。

良いカーボンでも価格を抑えて作れるように進化してきました。

 

こちらはURSUS(ウルサス)というイタリアのパーツブランド。
実は精密機械製造50年の歴史があるブランドで、本社工場はISO9001とEN ISO 14001の認証を得ている当たり前だけどめっちゃしっかりとしたブランドです。

ワンピースで作られた高剛性と強度を兼ね備えたフルカーボンステム。

 

ステムの長さに応じて角度と太さを変えることで、サイズが違っても同じ空力バランスと剛性を実現しています。

 

ハンドルクランプ部とフォーク(コラム)部分の締め付け部は、もしネジがダメになっても取付金具部分を交換することが可能です。

老舗なのに知られていないブランドって結構いっぱいあったりします。

何かが書きたかったのかよく分らなくなってきましたが、色々あるってことですね。

コメントを残す

あなたのメールアドレスは公開されません。

名前 *
メール *
Web サイト