シューズ祭り

シューズ祭りというタイトルでスタートした今回のブログですが、シューズのセールをするとかではなく、色んなシューズが入荷したという意味です。

誤解されたお客様、期待させてしまったお客様、勘違いです。
勘違いなので謝りません。

ピンボケですいません。ここは謝ります。大変非常に申し訳ありません。

NORTHWAVE(ノースウェーブ)のSPDシューズOUTCROSS KNIT2です。
ダイヤル式やベロクロ式ではなく、シューレース(靴ひも)式のシューズです。

シューレース式のメリットは靴ひもを好きなところで引っ張ったり緩めたりできたり、靴ひもを下から通すか上から通すかで締め付け具合を調整出来る所にあります。
デメリットは履くときなどがたいぎぃ(面倒くさい)ことです。

 

このOUTCROSS KNIT2は縫い目のないシームレスなので、ビンディングシューズにしては固くなく、日本人特有の足の甲が広い方でも圧迫感がなく履くことができます。

 

ソールはミシュランの耐摩耗性の良いラバーソールです。
ミシュラン君の主張もひかえめです。

 

こちらのTRIBEは、ビンディングシューズではなく、MTBなどのプラットフォームペダルで使うシューズです。

 

ミシュランとNORTHWAVEが共同開発したNORTHWAVEだけのオリジナルソールMICHELIN-NWコンパウンドは、ペダルのグリップ力がよく、ソールパターンがどこも同じなので、つま先でも中央部分でもどこでペダルを捕まえてもしっかり同じ力でグリップしてくれます。

 

つま先はスウェード生地の上に強度のある加工がしてあり、石などが飛んできてもシューズを痛めることがありません。
タンも厚くホールド感のあるインナーになっています。

サイドは通気性の良い生地になっているので、オールシーズン活躍してくれるシューズです。
普段履きにしてもいいですね。

 

シューズブランドgravis(グラビス)のKONAをベースにしたBMXアパレルブランドの430(フォーサーティ)とのコラボシューズが入荷しました。

 

水陸両用で素足でも履けちゃうアイコンモデル。

 

ミニマムなメッシュアッパーと圧着パーツを多用したパーツ構成は430オリジナル。
土踏まず付近のドレンホールや通気性の良いパンチングホールを施したソックライナー使用等、水陸両用を意識したモデルです。

アウトソールは両社のコラボレーションモデルの主要ディテールであるホワイトドットのスプラッシュペイントを施しています。
しっかりとデザインされた厚手のミッドソールは近年のスニーカートレンドに沿ったアイテムです。

 

で、その430のTシャツも入荷してます。
生地がすべすべしていて、着心地は抜群。

 

生地と同じ刺繍ロゴで目立ちすぎないのに存在感はあるカレッジロゴ。

CHICAGO 94のバックプリントには、分る人には分るチャド・ディグルートの1994年のときの写真がプリントされています。
かなりマニアックなトリックです。

 

430からうちわもいただいたので、欲しい方、欲しくない方、両方に無理やりプレゼントします。

※隣にうつっている従業員は付属しません

コメントを残す

あなたのメールアドレスは公開されません。

名前 *
メール *
Web サイト