普段あまり乗る機会のないロードバイク。初めてロードバイクに乗るとドロップハンドルという特殊なハンドルに戸惑う方も多いと思います。

そこで、当店ではロードバイクの試し乗りができる試乗車をご用意しております。ママチャリとは比べ物にならない軽さと、こげばこぐほどグングンすすむロードバイクを実際に体感してみてください。きっと無意味に遠くまで走りたくなりますよ!

IMG_4555

 

実際に初めてロードバイクに乗ったお客様は、その軽さと快適さ、スピードに「普通の自転車と違っていつまでも走れそう」と驚かれます。

ロードバイクとは?

ロードバイクは、もともとロードレースのために作れたスポーツバイクです。舗装された道をいかに速く走れるかを追求された自転車です。
ロードレースでは基本的に直線が多いため、タイヤに幅をもたせてグリップ力をあげる必要がなく、より路面との抵抗を減らすために極端に細いタイヤをつけて走ります。

クロスバイクとは?

最近よく雑誌などでもみかけるようになったクロスバイク。クロスバイクとはゴツゴツの道を安定して走れるマウンテンバイクの真っ直ぐなハンドルと、舗装された道を快適に走るロードバイクの要素をあわせたシティサイクル用の自転車のことです。マウンテンバイクとロードバイクの中間といったところです。

ロードバイクのように細いタイヤは路面との抵抗が少なく速く快適に走ることができ、マウンテンバイクのような真っ直ぐなハンドルは安定してバランスがとりやすいので誰でも気軽に乗り始めらることから通勤や通学によく使われています。

ロードバイクには何であんなにギアがついてるの?

ロードバイクのギアはフロントとリア両方についています。ロードバイクはレース場を走るわけではなく、一般道を走るため、向かい風や坂を上るときでも常に同じ足の回転数を維持できるようにたくさんのギヤがついているのです。
その状況に合わせたギアチェンジをすることで一定の回転数を保ち燃費(自分の体力)をよくできるわけです。

屋内のコースを速く走る競技、競輪にはギアは必要ありませんが、屋外を速く走るために作られたロードバイクには、自然や路面の状況に合わせた細かいギアチェンジが必要になるのです。

長距離を走るわけですから、少しでも体に負担がかからない乗り方をするために「こんなに必要?」と思うほどのギヤがついているわけです。そのおかげで他のスポーツバイクでは絶対に体感できないスムーズな走行を可能にしてくれます。舗装道路を走らせたらNo.1です。

初心者がロードバイクを買うときの相場は?

当店では、まず使用目的やどのくらい走りたいか、どこを走りたいかなど目的をお聞きしたうえでその目的とご予算に合った一台をご提案いたしております。
相場はその目的にあわせて選ぶバイクも変わってきますので、正直ピンキリになるのでまずは用途や目的を明確にしていただくことから始めてみてください。「ただ乗ってみたい!」というだけでも構いません。ブランドや全く知識がなくてもとりあえずご相談ください。
そのためのプロショップです。

しかし、たとえお客様が「これが欲しい」と言われても、その目的が合っていない車体を選ばれた場合は、しっかりと説明をしたうえでお売りしないこともあります。

体に合わせたフィッティングを2回必ず行います

ロードバイクやクロスバイクを初めて乗られる方の多くは「お尻が痛い」と言われます。細いタイヤは抵抗が少なく、速く走れますが、空気をパンパンに入れて走るので、太いタイヤに比べると振動や衝撃も大きくなります。そしてそれにお尻がまだ慣れていないので初めての方は誰しもお尻が痛くなります。
さらに、自転車のセッティングが体に合っていないとお尻だけでなく、背中や腰、腕などといった別の部位も痛くなります。

そうしたことを防ぐために腕の長さ、足の長さ、股下など、あなたに合ったフィッティング(自転車のパーツを微調整し、体に合わせること)をすることで、走りやすく、負担を少なくすることができます。

2015-08-02-11.07.56

フィッティング前は重心が後ろにあるため、お尻に負担がかかりすぎてしまっています。肩も張っていて上半身にも負担がかかっている状態になっています。さらに重心が後ろにあることでペダルを効率よく踏むことができません。
しかしこれをしっかりフィッティングすると

 

2015-08-02-11.28.27

前にも後ろにも均等に体重を分散させることができるので、疲れにくくなり、ペダルもしっかり踏むことができます。これをしただけでも同じバイクが軽く踏むことができ、速く走ることができます。

当店ではこのフィッティングを2回以上は必ず行うようにしています。まず最初の1回目のフィッティングでロードバイクやクロスバイクに慣れていただき、体が走ることに慣れてきたころにさらに細かくフィッティングをすることで、よりあなたの体に合ったフィッティングをすることができるからです。

このフィッティングをきちんと行えば、細く、薄いサドルでもお尻や体が痛くなくなり、ロングライドをしても疲れにくくなります。あわせて走り方も一緒に走ってみておかしいところがあれば正しい走り方も伝授していきますので、お気軽にご相談ください。
フィッティングだけなく、走り方も直せばより長く快適なライドを楽しむことができますよ。

女性には女性用のロードバイクがあります

女性には女性の体系に合わせたロードバイクがあります。たとえば、女性と男性とでは尿道や股下は当然違うので、女性に合わせたサドルが装着されていたり、各パーツやフレームのサイズも女性に合わせた設計になっています。

ですので、身長が低い女性の方でも身長に合わせたサイズのバイクやパーツを選べば問題なく乗ることができます。

DSC_0003 5nur44xWojTiF7PIMktlw3ZCfEM_GWmC-mTkwBcxDPg

バイクだけなく、女性用のヘルメットやサイクルウエアももちろんあります。男性用の一番小さなサイズのヘルメットでスカスカでも、女性用のヘルメットであれば頭の小さな女性の方でも問題ありません。

P1013017 P1013016

「ロードバイクに乗りたいけど、ピチピチパンツが嫌だ!」
そんな方でも大丈夫!当店では、パーツ、バイク、ウエアなどそれぞれのシーンに合わせたアイテムをご提供いたします。

ロードバイクにも種類があるんです

上記に「ロングライドをするための自転車」と書きましたが、ロードバイクにも様々なジャンルの競技があり、それによって選ぶ車体も変わってきます。

ツールドフランスのように何日もかけて長距離を走ったりするのが最もポピュラーですが、坂をひたすら登るヒルクライム、水泳・自転車・ランニングの三つをこなすトライアスロンなど、それぞれ同じように見えて実は細かなパーツなどが違っています。なかには自転車をかついで障害物をこえたりするシクロクロスなどもあります。

このように一言でロードバイクといっても色々あるので、できればやりたい、やってみたいことを明確にすることであなたが必要とするロードバイクを見つけることができます。

仲間をみつけて一緒に乗ろう♪

当店には様々なジャンルの自転車好きなお客様がご来店くださっています。そうした方々と一緒に乗れば路面の良いコースや景色が良いコースなど知らないスポットに案内してくれたり、簡単なメンテナンスのやり方や色々な自転車情報を共有することができます。

そして、色々なアドバイスなどもしてくれますので、一人で乗るよりみんなで楽しくロードバイクを楽しんでください。当店は初心者の方でも安心して楽しくライドできる自転車ライフをサポートいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です